錦江の足場作りについて

足場工事は建築、土木、構造を陰で支えるサポート工事です。
高さ2メートル以上の構築物には、必要不可欠な工事です。
例えば、戸建住宅、集合住宅、高層ビル、高層マンション等の塗装作業、補修、吊り橋、高速道路の側面補修。 浄水所タンク等の塗装、補修等、当社の施行規模は戸建住宅から高速道路迄1ヶ月当たり施行能力50万平方米以上を要しています。

工期は1日~数年規模まで、多岐に渡り対応可能です。
依頼後工事担当者が、即に対応して安全で作業効率の良い仮設方法を提案しお客様を、お待たせいたしません。

錦江の機動力は、豊富な仮設資材と作業員の多さから

錦江には他社の追随を許さない機動力があります。
お客様のあらゆるご要望にお応えするため、仮設資材の豊富なラインナップ、 300人以上に及ぶ作業員のスタンバイ、これらを駆使して小規模な現場から大規模な建築・
土木まで、
お客様に合わせた仮設プランを実行いたします。

安全対策は万全

工事に当っては、実際に出来上がった足場や、
実際の工事には、計画では予想できなかった不具合が潜んでいるかもしれません。

錦江は仮設工事の遂行にあたり災害防止を全社員を挙げて実施しています。

  • 仮設の安全対策、仮設安全機材整備の実施を遵守し、
    職場の安全確保に努めています。
  • 全ての現場において安全パトロールを実施し、
    安全処置の確認と指導を実践しています。
  • 年に一度、「錦江グループ安全大会」を開催、
    現場での事故防止に推進しています。

仮設安全機材整備の実施を遵守(写真例→「手すり先行工法」で常時、手すりのある状態で足場の組み立て・解体及び作業が可能です。)

当社では、仮設に起因する労働災害を撲滅するため、仮設安全機材整備の実施をしております。
作業員の安全を第一に考え、働きやすい安心感のある足場
「手すり先行専用足場方式」を採用
しております。 

これにより足場の組立、解体時の墜落事故防止に効果を発揮、
施行作業の足場の安全を飛躍的に向上させました。

足場施工に新工法をご提案します。

「高い安全性とコスト削減を実現する」ワークプラットホームの特徴

  • 風による揺れに強く、作業床上は広く安定しているため無理な姿勢や作業以外の無駄な体力の消耗を 避けることが出来ます。結果、墜落災害の防止、作業精度の向上に貢献します。
  • 眺望、美観、風通しを損なわず、また防犯性を向上することで居住者のストレスを低減し、テナントの営業も妨げません。建物の形状や高さに応じたご提案と超高層建築物にも対応が可能です。
  • 組払しが容易なため、工期短縮によるコスト削減が見込めます。
    また、資材量が少ないため運搬費、資材スペースも削減可能です。

ワークプラットホームを使用した施工実績例

※詳細については別途、資料をご請求下さい。